「○○ちゃん」 ってよばれたら

「○○ちゃん」 ってよばれたら

かえる会

なまえのよばれ方について話し合った。 当事者が支援者に○○ちゃんってよばれるのは、あかん。子供扱いしてる。あたらしい職員が、えらそうにあだなでよんだりするのは、 おかしい。年下の人が、年上の人にあだ名で呼んだり、呼び捨てするのはおかしい。でも、かたっくるしいのもイヤ。 ともだちみたいにしゃべれる方が楽しいとも思う。いろいろ話し合っていたら、「むずかしい問題だな」と思ってきた。
 芝居をした。当事者と職員の役に別れて、 当事者役の人は車いすに乗った。また、話すことのできない当事者の気持ちが分かるように、口にガムテープを貼ったり、 タオルで隠したりした。職員が当事者に向かって「○○ちゃん」と呼ぶのと「○○さん」って呼ぶのを2種類やった。当事者役は、 どんな気持ちになるのかを考えた。「○○ちゃんって呼ばれるのは、大人として扱われていないみたいでイヤだった」 という意見が出た。
 新しい職員が入ってきたら、 自分たちでしっかり呼び方を注意していこうと思う。みなさんも、もし自分が「○○ちゃん」 ってよばれたらどんな気持ちになるか考えてみてください。当事者は、立派な大人です。子供扱いされたくないです。

このページの上部へ